和ごころ農園メルマガ/2022/9/6

今こそ大切にしたい暦の行事


9月に入りましたね。

旧暦で言うと、8日の木曜日からが

9月になります。


二十四節気の白露(はくろ)

秋らしい気配になり、朝露が白く輝く頃


日中はまだまだ暑いですが、

白川町の朝晩は一気に 秋の空気になってまいりました。


暑さ寒さも彼岸まで と良く言います。

あと2週間くらいの辛抱でしょうか?


9月からは台風も心配です。

台風11号が沖縄地方で猛威を奮い、

今朝には九州あたりに影響が 出てしまうと予想されています。


収穫間際の福岡県のナシ農家が

「自然現象だから仕方ない、 今できることをするだけ」

と、落ちないように、1個1個 枝にくくりつけていました。


大きな被害が出ないことを 祈るばかりです。


その後の進路は北寄りなので

日本全体で被害が続くということ は避けられそうですが、

油断大敵。


みなさまなりの対策してください!


今週も最後までお付き合い

よろしくお願い致します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【今こそ大切にしたい暦の行事】


今週は、2日連続で暦の行事ごとが

ありますね!


まずは、9月9日の重陽の節句

5節句の最後の日


陽の気をいただきながら、

大切な人と未来を語らうと良い日

と言われています。


奇数(陽)が重なる日

しかも一番大きな9が重なる日

(九星気学から来ているから

9が一番大きな奇数になる)

だから陽の気、エネルギーが

高まる日とされています。


そこで、強いエネルギーを味方に

つけるためにやると良いことが あります。


僕もやったことないのですが、

日本酒に菊の花を浮かべて、

旬のものをいただき、

これからのこと(1年以内) を大切な人たちと語らうこと。


まさに、予祝の日ですね!

叶ったかのように

祝うと良いかも!


(愚痴や不平を言いながら 日本酒を飲むと、

全部その悪い気が吸収されて それを飲むと・・・)


栗や秋茄子、

お魚も旬のものが

出てくる頃ですね。


9日の夜は、

誰とどんな夢を語りますか?


そして、翌日の10日は

中秋の名月ですね。


旧暦の8月15日にあがるお月様。

旧暦では1日が新月になるように

作られているので、

満月かほぼ満月になる日。


今年は満月ですね。

台風が過ぎ去って、

空が澄み渡っていれば、

美しい月が見れるでしょうか?


ススキやお月見団子を

飾って、豊作に感謝します。


昔は今頃に里芋が採れていた

ことから、里芋をお供えして

無事の収穫に感謝することも されていたみたいですね。


今年は少し中秋の名月が早いようで

まだ収穫に感謝という時期では ないので、

豊作だったように予祝して

感謝したいなと思います。

(十三夜の月も見た方が良い

とも言われますね)


<