和ごころ農園メルマガ/2022/7/5

研修生、旅立つ


梅雨明け後の猛暑。

いや、酷暑!

ここ白川町黒川でも暑い日が続きました。

そして、土はカラカラに。


日曜日に待望の雨が降りましたが、

台風の影響で、雨続き予報。


どうにも、厳しい気候が続くようです。


人間もこの変化に対応していかないと

いけませんね。

無理なく、いきましょう。



節電も要請されていますが、

暑さ対策だけは要注意です!

熱中症、侮らないようしたいですね。



先週の金曜日、

2ヶ月振りのお休みを頂いて、

お客様から頂いていた、割引チケットを

握りしめ、

愛知県立美術館で開催の

ミロ展に

行ってまいりました。

(あと2日で終了のところ、ギリギリセーフ)

(チケット、ありがとうございます!)



ミロが大好きな奥さん。

現地スペインで買った画集を

何冊か持っていて、

僕はというと・・・

はじめてのミロでした(汗)


日本が大好きだったとういミロ。

途中から、日本の影響を受けたと

言われている作品も見ながら、

独特の世界観に浸りました。


頭で見るのではなく、心で見ることに

注意してみましたが。


理解しようとするから

難しくなるんですよね。


芸術、今後も楽しめたらと思います!



今週も最後までお付き合い

よろしくお願い致します。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【研修生、旅立つ!】


(お茶のプロジェクトの詳細はまた今度に)


昨年の7月から丸1年、和ごころ農園で

研修した、平井夫婦が今週で旅立ちます。



研修生の受け入れは、

手間がかかること、

時間がかかること、

費用がかかること、

色々あると言われてますが、


僕たちの感覚としては、

やる気がある方なら、問題なし!

手間というより、プラスになること

しかないと思っています。


教えること、伝えることって

結構難しくて、

理解できていないとダメで、

教えることでこちらも学びが増えます。


安全に作業するためのコツや

失敗してきたことや

横着するとダメなこと

を伝えるのは、

自分への教訓としても、見直す

きっかけになります。



そして何より、作業がはかどる!!!

現に、この1年、和ごころ農園として

活動の幅を広げられたのは、

研修生の2人のおかげです。


新しいことにチャレンジしたり、

目をつぶってきた作業をしたり、

イベント出店を手伝ってもらったり、

僕たちにも刺激がある1年でした。


子供たちもかなり懐いていたので、

昨日の送別会、

最後は子供なりに寂しさを感じている様子

でした。