和ごころ農園メルマガ/2022/6/14

田んぼのある学校教育に向けて


関東地方が梅雨入りして1週間ほど経ちますが、

意外にも東海地方はまだです。

梅雨入りするかするかと思っていたら

中々しませんね(笑)


本日、雨予報なので、そろそろかな

と思っています。



今年、いよいよ、空調服デビューしました。

ジャケットにファンが2つ付いている服

です。

最近、ホームセンターで良く見かけますね。


まだ2回しか使っていませんが、

中々快適です。

ファンの音が気になることもありますが、

これから暑くなる季節に、重宝しそうです。


適度に汗をかくのは気持ちが良いので、

身体の調子を整えるためにも

使いすぎはやめとこうかなと

思っています。


汗は、サウナで大量にかいているから

大丈夫という噂もありますが(笑)


そうそう、田植え前後に腰痛を発症

していたのですが、

サウナ2回入ったら、治りました!?


サウナすごいです。

(僕の場合だけかもしれません、笑)



6月も折り返しを迎えます。

2022年の前半、締めくくりですね。



今週も最後までお付き合い

よろしくお願い致します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ゆうきハートネットの食育事業】


先週の火曜日に、黒川小学校の5年生と

田植えの授業をしました。


町内の有機農家を中心に組織している

ゆうきハートネットのメンバーとして

今回は参画。

学校教育との連携を図るための試験として

今年は5年生の社会の授業時間で

お米作りを一緒に行います。


年間カリキュラムが決まった後でしたが、

校長先生、教頭先生の

子供たちへの学びを深めたいお気持ち

が今回の体験授業へと結びつきました。


社会の授業でお米づくりを学ぶ5年生。

その予習として、

裸足で田んぼに入り、手植えしました。


キャッキャッ言いながら、

楽しそうに、

それでも、伝えたことはきちんと守り、

流石は5年生という姿も見られて

嬉しくなりました。


9人の生徒のうち、

田んぼに初めて入るのが6人!

田植えをやったことがあるのは1人!


この田んぼだらけの白川町黒川に

住んでいるのに〜。


如何に、農的暮らしと現代の生活が

分断されてしまったかが分かった

瞬間でした。


そうならば、ゆうきハートネットとして

学校と連携していくことは、

ふるさと教育にもなるし、

原体験としてズッと思い出となる

お手伝いができる!

と確信しました。


ほぼボランティア事業ですが、

今後は、僕が以前からやりたかった

エディブルスクールヤード的

食育体験を黒川小学校と

進めて行けたらと思っています。


※エディブルスクールヤードについては

こちらのサイトが分かりやすかったです

https://www.daichi-m.co.jp/csr/15122/



そして、ゆくゆくは学校給食に