top of page

和ごころ農園メルマガ/2023/5/23

更新日:7月28日

新茶で釜炒り茶つくりました


日曜日に二十四節気の小満を迎えました。


日の光がいっそうと強まり、万物が生長し、

天地に満ち始める頃をいいます。


昨年の秋に蒔いた麦の穂が育ち、

ほっとひと安心することから、

「小さな満足 = 小満」

となったという説もあるそうです。


確かに、暦どおりに、陽射しが痛く感じる日もあり、

野菜や草たちも一気に生長の速度を

早めているように見えます。


隣の畑の麦たちも黄色く色づいてきています。


白川町では新茶の季節を迎えました。

昔の農業の暦でいくと、

この新茶でお茶を製茶してから

田植えの準備をして、田植えをする。


一年で一番忙しい時期だったのかもしれません。


今はどちらも機械で作業できるので

楽になったのですが、

それでも・・・。


日曜日は、機械を使わずに

手で摘んで、包種茶をつくりました。

ほんのりジャスミンの香りがするお茶。


色々、試飲しあって、

他にもお茶を飲んだから、

お腹いっぱいに(笑)。


みんなでお茶をつくって

飲み合うの本当に良い時間です。


今は年に2回だけなので

これからもっと増やしていきたいと思っています。


今週も最後までおつきあい

よろしくお願い致します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【新茶、楽しんでいます】


クラウドファンディングが始まるまで

お茶の話で盛り上げていこうという勝手な企画。今日は3回目です。


前回、常茶(じょうちゃ)についてご紹介しました。


今回は、この常茶には欠かせない、釜炒り煎茶のお話。


薪火で焙煎できる回転釜の導入を計画した時

三年晩茶だけ炒るのでは年に数回しか稼働せず、もったいない。

他にも有効活用できるならと考えている時に、

教えてもらったのが、

「釜炒りの緑茶」

です。


昔の日本ではどの地域でも飲まれていた

中国式の緑茶です。


日本の輸出戦略で、中国と差別化する中で

蒸し製の緑茶(ここでは煎茶と呼びます)

ができて、今やこちらが主流。


煎茶とちがって、釜炒り茶は高温のお湯で作法などはあまり気にせずに

お食事と合わせて飲めるのが特徴です。


そんな釜炒り緑茶をつくるべく、

奈良の健一自然農園さんのところで研修してまいりました。


木曜日の夕方に収穫して、

金曜日の早朝に出発。


少しだけ萎凋(葉っぱをしおれさせる)

させて香りを立たせて、製茶しました。


健一さんにマンツーマンで教えてもらう

贅沢な時間となりました。


薪の釜で、まずは酵素の働きをとめる

殺青(さっせい)の工程。

冷やして、揉んで、

一度、乾燥のため、釜に入れて、

乾き切るまえに、釜から出して

もう一度揉みます。


そして、仕上げの乾燥で、しっかり水分を飛ばします。


薪で釜の温度を調節する必要があり

難しい部分もありますが、

くるんと丸まった可愛いお茶ができあがります。


この茶葉を水筒に入れて

お茶を持ち運ぶのがオススメなんです。


(先週からのタンブラーの話につながりました、笑)


お待ちかね?のタンブラーですが、

それは、スウェーデンデザインの

inovator

というブランドのステンレスマグです。


飲み口が工夫されていて、

冷たい飲み物は大きな口で、

熱い飲み物は小さい方の口で

飲めるように設計。


保温効果は本当に高く、

あまり熱いお湯でいれると

5時間以上たっても口が火傷するレベルです。


シンプルなデザインに機能も申し分なし


オススメのタンブラーです。


クラウドファンディングの支援で

選んでもらえたら嬉しいですが、


マイボトル探していた方、

是非一度使ってみてください!


そして、ペットボトルではない

お茶も持ち運んで楽しみましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【のらしごと】


先週は夏野菜のメインどころを定植。

ナス、ピーマン、万願寺、

そして、きゅうり。ズッキーニの蒔き直し分も。


秋の味覚に向けて、さつまいもも半分植えました。


今週も種まきや定植は続きます。

落花生、かぼちゃ、生姜も植えられたら。


田植えも近づいているので

忙しい時期ですが、

畑が賑やかになっていくのが

楽しい季節でもあります!


お野菜BOXご契約のお客様、

お待たせしておりました。


順次ご案内してまいりますが、

今週からお野菜の出荷を再開してまいります。

(毎週、隔週、月1回契約で配送のタイミング異なります)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【イベント情報】


・6月4日(日)10時〜

田植えイベント


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【編集後記】


最近、蚊が増えてきて、

夜のパソコン仕事の妨げに。


あのプ〜〜ンって音がもう。


気温が高いのが原因でしょうか?

冷夏が予想される今年は、蚊が減るのか??


気にするのは蚊ではなく、

日照の方なんですけどね(笑)


今週も最後まで読んでくださり

ありがとうございます。


#和ごころ農園 #焙煎所づくり物語 #新茶摘み

関連記事

すべて表示
bottom of page