和ごころ農園メルマガ/2022/10/5

ししおどしって知っていますか?


10月に入りましたね。

朝、収穫のために外へ出ると、

寒っ!

と言いたくなる気候になってきました。


空気がすっかり秋ですね。


いよいよ夏野菜も終盤を迎えています。


今年は自治会の班の班長を仰せつかっており、

色々と地域のお仕事があります。

2日の日曜日は、秋の美化作業。

班のみんなで、道路や水路、河川の草刈り をします。

みんなの場所は、みんなで刈ります。

高齢化が進み、今後どこまで維持できるのか?


美化作業の後は、久しぶりの バーベキュー!

班長と副班長でおもてなし (ほとんど副班長、笑)


役仕事は終わったとに、疲れが出ますね。。


年に数回草刈りしないと地域をきれいに維持

できないほど、植物が豊かであるって ことでしょうか。

瑞穂の国、ありがたいことです。


今週も最後までお付き合いよろしく

お願い致します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【鹿威し(ししおどし)って!】


恥ずかしことに、

この前の日曜日まで、

ししおどしの本当の意味知りませんでした(汗)


みなさん、知っていますか?

(怒られそう)


田んぼが乾かないことで

苦戦中の稲刈りですが、

少しずつ、進めています。


去年、イノシシが入ってしまった田んぼ、

今年も実は数回入られてしまったのですが、

被害は最小限。 助かっています。

(まだ脱穀終わっていないので油断禁物)


今年は、電柵をやめて、

防獣ネットを張り巡らせました。

これが効果あり!

ほとんど被害がありませんでしたが、

稲刈りがはじまる直前から、

数回、侵入を許してしまいました。


何か良いイノシシ(もしくはカモシカ)

対策ないものかと・・・。


ありました、鹿威し!


テレビ番組のDASH村で、

田んぼにイノシシが入らないように

するために、たくさん作っている映像を 見て、


はっ!


としたわけです。


本当の意味を知ったのでした(汗)


ししおどしって、

日本庭園にあって、

コーンと竹と石が奏でる

優しく、落ち着く音色を作るために

あるものだと思っていました。


農家なのに恥ずかしい。

去年、イノシシの害が出たのに。。


水が引ける場所に限られてしまいますが、

音で獣が近づかないなら、ありかもですね。

幸い、近くに家がない場所なので

試してみようかな?


ワークショップかなぁ。


本当の意味を知って、

テンションの上がった週末でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【田んぼと畑のようす】


9月末からの稲刈りシーズン

毎年のようにですが、

いや〜目が回るほど忙しいですね。


そうさせてしまったのは、田んぼをうまく

乾かせていないことに尽きるのかも。

来年こそは、徹底的に対策が必要です。


稲刈り、機械が使えず、思うように進みませんが