和ごころ農園メルマガ/2021/8/24

やまない雨はなかった!


いや〜昨日の月曜日、待望の太陽が見える空に!

太陽を手で遮りながら、空を見上げる。

当たり前のことを久しぶりにやりました!


朝は雷雨で激しい雨が降ったのですが、

その後は、もう久しぶりの青空!


10日振りの太陽に、喜び勇んで畑に飛び出しましたが、

土は連日の雨で水を含んでいて、

耕したり、種をまいたりする作業はまだお預けです。


心にも晴れ間が射す1日でした!


みなさんの地域では如何でしたか?



台風が日本海に抜けたあと、前線が停滞するという予報もあるようです。


各地で大雨となっていますので、まだまだ油断できませんね。



みなさまも十分気をつけて下さい!



今週も最後までおつきあいよろしくお願い致します。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【アフターコロナと自然(じねん)の暮らし】



メルマガでも紹介したことありますが、

和ごころ農園も参加している、NPO法人ゆうきハートネットで

僕は事務局(窓口担当)をしています。


この「ゆうきハートネット」は、有機農家に加え、有機農業を目指す人、

有機農業を応援したい人の集まりです。


2020年にコロナ禍になり、移住や就農希望の相談が増えるかな?

と予想していましたが、昨年はほぼ動き無し。

みんな静観していたのでしょうか?


今年に入って、取材も合わせると、定期的に相談や連絡が入るようになりました。


いよいよ、もう待ってられない!という感じなのでしょう。


移住はタイミングが命なので、それぞれ相談される方も

そのタイミングが合うと良いなと思っています。


白川町のような中山間地域の農業は、生業として続けていくのに

必ずしも恵まれた環境とは言えないところは確かにあります。


それでも、いわゆる田園風景が広がる自然豊かな場所で農家を

目指したくなるのには、何か訳がある。(DNAなのかな?)


僕自身は、12年前に、中山間地(里山)の有機農業へ参入したのは

生き方を変えたかったら。


お金だけの価値でなく、自然に寄り添ったリズムで、

持続可能な暮らしで、体に良いものを食べて生きていく。


そんなミライを描いて、チャレンジし、

今も、まさにチャレンジ中です。



僕の名刺の肩書には、「里山農家」と書いてあります。


里山の環境に住まわせてもらい、里山の資源をうまく活用して、

持続可能な「農」を営んでいく農家でありたかったから。


・・・・・・

少し、話を変えて・・・


リジェネラティブ・オーガニック

という視点、考え方を今年から少しずつ実践しています。


このリジェネラティブという横文字、

日本語で言うならどう表現されるのかいつもアンテナを張っているのですが、

実はもう知っていた言葉にその真髄が説明されていました。


それが、「自然(じねん)」でした。


自然(しぜん)と人間を区別することなく両者が一体となった世界。


この言葉は明治時代にnatureの訳語として、

自然(じねん)という言葉が当てられたそうです。


自ずから然るべきようになる世界という意味。


そういった世界観、

生物多様性のあふれる世界を目指す農業が

リジェネラティブ・オーガニックと言えそうです。


また勝手に言葉が繋がったことに喜んでいます(笑)


・・・・・・


アフターコロナの世界、 里山の環境

自然(じねん)や リジェネラティブな視点


ここ結びつける「哲学」本がこの8月に出版されました。


いや〜この本を紹介したくて前置き長くなりました(笑)




「自然(じねん)の哲学」

出版 ヘウレーカ

著:高野雅夫

https://www.amazon.co.jp/自然の哲学-じねんのてつがく-——おカネに支配された心を解放する里山の物語-高野-雅夫/dp/4909753109



高野先生とは、サラリーマン時代に話を伺ったり、

ワークショップに参加させて頂いたことのご縁があります。


高野先生は名古屋大学の教授で

実際に岐阜県の恵那市にも拠点をお持ちになり、

里山で過ごしながら研究をされています。


多くの方に、参考となる思索が盛り込まれていると思っています。

(実は一昨日届いたばかりの新刊ホヤホヤでまだ読めていない)


「自然(じねん)の哲学」

ご興味のある方は、是非!!


今一番、ホットなお話を読めると思います!

僕も読了したらまたシェアさせていただきますね。



2週連続で本の紹介となりました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【畑のようす】


はじめに書きましたが、待望の太陽でテンションは上がったものの

やはり、連日の雨の影響は大きいです。


畑によっては、畝間にずっと水が溜まる状況にもなっています。


それでも、今年の野菜たちは元気に育っています。


微生物たちと共生して、いつか雨がやみ、

また思う存分光合成ができる日を必死に耐えているのかもしれませんが。



人間目線でいくと心配なのが、

秋冬野菜の準備が完全に出遅れていること。。


来週には、玉ねぎの育苗、大根の播種、葉物播種、

白菜など苗の定植と一気に準備を加速させるスケジュールが迫っています。



やれることをやるしかありませんね。



そうそう、良いこともありました!


フリマアプリのメルカリにshop機能が追加されて、

和ごころ農園として先週から出店しています。


8月はキャンペーン中でポイント還元が

沢山もらえるからなのかもしれませんが、1週間で4件も注文が入りました!


試しに、メルカリで「お野菜セット」で検索してみてください。


この溢れ返る野菜たちの中で、どう、和ごころ農園に辿り着くのか?

これもご縁なのでしょうね。


キャンペーンが終わる9月以降も動くでしょうか?

ちょっと楽しみです。


・・・・・・・・・・・・・


メルマガを読んだ感想を送って下さり、ありがとうございます!!


すぐに返信できずに申し訳ありません。

全て目を通させて頂いています。


メルマガを書く励みにも、楽しみにもなっています!!



何か気づいたこととか共有してくださる情報をお持ちの方は

メッセージ下さると嬉しいです。



今週も最後まで読んでくださりありがとうございます。


#和ごころ農園

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示