top of page

和ごころ農園メルマガ/2023/9/26

一流の田舎を目指して!


二十四節気の秋分を迎え、

昼夜の日の長さが逆転。

日が落ちるのが早く感じるようになりましたね。


日中はまだまだ暑いものの、朝晩は秋らしい空気に

なり、肌寒く感じるほどです。


ようやく、夏が終わるのかな?


さて、秋の夜長はどう過ごされますか?


農家にとっては、ちょっと嬉しい季節。


僕はやっぱり、読書の秋ですかね。

といいつつ、中々時間取れないのですが。

国際大会が目白押しだから、

スポーツ観戦の秋も良いですね。


お茶の探究もしたいなぁ。


昼間の稲刈りが順調に終われば、

夜が色々と楽しめそうです。


頑張ろう。


今週も最後までお付き合い

よろしくお願いいたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【一流の田舎を目指して】


先日開催された小農フェスの基調講演で

ポケットマルシェを立ち上げた

高橋博之さんは、

「一流の田舎を目指そうよ」

というメッセージを投げかけました。


都市と田舎をつなぐ(かきまぜる)

動機になるほどの、田舎の魅力って?


そんな問いが浮かびました。


そして、見つけた本が!!

なんと!


Tokyoを食べられる森にしよう

という取り組みを紹介したもの。


Urban Farming Life

という本です。


東京都内12箇所の取り組みを紹介。

ファーミングをみんなの共有財にしようという、取り組み。


都会にあるオアシスは何と言ってもアクセス抜群!

気軽に農に触れられるのが強み。


田舎は行くのに1〜2時間かかってしまう。

それだけの移動距離をかけるなら、

気軽にというより、

「時間」を贅沢に使ってもらう

取り組みにしないとです。


都市の取り組みを収録した本ですが、

ヒントは盛りだくさん!

都会の方が求めているものが見えそうです。


東京ビエンナーレ2023でも

出展があるそうです。


1000本プロジェクトをやってきて、

休止中ですが、EDIBLE Yardをやってきて、

お茶の区画貸し(を計画し)ようとしていて、


何かやれそうな気がしています。


最低でもあと1回心臓の手術をしないと

いけない僕にとって、

次のフェーズ(2030〜)への準備もそろそろ

考えていかないとです。


中々面白い本です!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【のらしごと】


兎にも角にも、大根のまき直し週間でした。

秋冬野菜のとっても大事なお野菜

大根。


今年は、日中が暑すぎて、大苦戦中です。

来年に向けての対応も見つかったのですが、

半泣きで蒔き直ししています。

3回目に蒔いた大根からようやく発芽。

秋が来て欲しいけど、ちょっと暖かい日も欲しい。

わがままな農家なのです。


ここ数年、絶対に対策が必要な

ダイコンサルハムシ。

今年も白菜についてしまいました。

奥さんとせっせと竹串で

捕獲作戦を決行しました!


今週は、餅米とササシグレの

稲刈りがスタート!

足場が悪そうなのでどうしたものか。

修行のはじまりです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【イベント・出店】


稲刈りのお知らせ

10月9日(月)10時〜

週末に色々と予定が入ってしまい、

祝日開催です。

日曜日で予定してくださった方、

大変申し訳ありません!!


生育次第ですが、赤米を

刈り取る予定です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【編集後記】


(ほぼ確定情報)

10月3日のメーテレ「ドデスカ」

にちょっとだけ生出演します。


わがマチQというコーナーで

「サウナ」を取り上げてもらいます。


さあ、初の生放送。

どうなるでしょうか?

7時25分〜


今から緊張です。


朝の番組だから早朝から準備です。。


メーテレが映るところにお住まいの方、

良かったら。。。


今週も最後まで読んでくださり

ありがとうございます。







関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page